「全日本人に見てほしい」大学院生が叡山電鉄の美しすぎる紅葉ライトアップを激写、真っ赤な紅葉が燃え盛る一枚

© まいどなニュース

「叡山電車の車窓に流れる紅葉ライトアップが美しすぎるので、全日本人に見てほしい」とTwitterに投稿したのは大学院生でフォトグラファーのRyogo Urata(@Ryogo_Urata)さん。全国各地の美しい風景を撮影しているそうです。

走る列車の中から燃えるような紅葉を愛でられる=Ryogo Urataさん(@Ryogo_Urata)提供

自然そのものの紅葉も美しいのですが、走る車窓から眺めるライトアップされた紅葉は、一味違う雰囲気。叡山電鉄は、叡山本線(出町柳駅〜八瀬比叡山口駅)5.6km 8駅と鞍馬線(宝ケ池駅〜鞍馬駅)8.8km 9駅 があるのですが、この「もみじのトンネル」紅葉ライトアップは、出町柳発〜鞍馬ゆき・鞍馬発〜出町柳ゆきで12月1日まで開催されています。(詳しいダイヤは叡山電鉄ホームページでご確認ください)

Ryogo Urataさんが撮影した燃え盛るような絶景には、「めちゃくちゃカッコいいです」、「ちょっと精神世界みたいです。凄い…」、「艶やかな赤ですねー!綺麗です!」という感動のリプライが寄せられ、1.9万件も”いいね”されました。今回は、素敵な写真を届けてくれたRyogo Urataさんに、撮影時の様子など聞いてみました。

ーーこちらの写真はどんなふうに撮影したのですか。

「走行中の車内で撮影しました。叡山電車の市原駅~二ノ瀬駅間です」

ーーどんな風にライトアップされていたのでしょうか。

「この区間では車内の照明が落とされ、線路沿いの紅葉がライトアップされています。遅いシャッタースピードで車内から撮影すると、車窓の紅葉が流れて写り、このような写真になります」

ーー車内までまるで燃え上がるような赤に彩られていますが、実際に体験されてみて、どんな感想を持たれましたか?

「車窓一面に真っ赤な紅葉が広がり、息を呑むような美しさでした」

◇ ◇

叡山電車の「もみじライトアップ」、ぜひ実際に見てみたいですね!

水面に映った紅葉も風流、醍醐寺=Ryogo Urataさん(@Ryogo_Urata)提供
展望台から撮影したという絶景、嵐山=Ryogo Urataさん(@Ryogo_Urata)提供
真っ赤なもみじの絨毯の上を歩いてみたい、龍穏寺=Ryogo Urataさん(@Ryogo_Urata)提供
坂になっているので連なる並木を一望できる、桂坂=Ryogo Urataさん(@Ryogo_Urata)提供

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)