高崎美スタイルマラソンの代替イベント インスタで配信 子宮頸がん予防啓発NPO「ラサーナ」

© 株式会社上毛新聞社

2019年に開かれた高崎美スタイルマラソン。ランナーは子宮頸がん予防啓発のシンボルカラーであるオレンジ色を身に着けて走った

 子宮頸(けい)がんの予防啓発を活動の中心に据える群馬県高崎市のNPO法人「ラサーナ」(福田小百合理事長)が設立10年を迎えた。ワクチン接種率や検診率の向上を目指し、セミナーやイベントを続ける。同法人が主体となった高崎美スタイルマラソンは、コロナ下で昨年から中止しているが、12月5日に代替のトークイベントを実施。同法人は「これからも子宮頸がんの予防啓発に力を入れる」と先を見据えている。

 同法人は、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐためのワクチンの公費補助が始まったのを契機として2011年、同市の産科婦人科舘出張佐藤病院などが立ち上げた。