ワクチン3回目の接種へ 奈良市 12月市議会補正予算案

© 奈良テレビ放送株式会社

 奈良市は、新型コロナワクチンの3回目の接種に向けた費用を含む補正予算案を発表しました。

 奈良市が12月市議会に提出する補正予算案は、総額で25億1684万円、このうち新型コロナワクチンの3回目の接種について費用は、5億7608万円となっています。

奈良市によりますと、3回目の接種は、医療従事者や高齢者などの2回目の接種から8カ月以上が経過した約12万2000人が対象です。

対象者の95%を個別接種で対応するとしていますが、必要に応じて集団接種も検討するということです。接種時期は、2022年3月末までに行いたいとしています。

この補正予算案は、11月30日に開会する12月市議会に提出されます。 なお3回目のワクチン接種をめぐっては、国は2回目から8カ月後とする方針を示していますが、前倒しを求める声もあり今後の動向が注目されます。