立法会選、ボーダー3カ所に設票所

© HKP

立法会議員選挙の投票が12月19日に行われるのに向けて、特区政府は深セン市とのボーダーに投票所を設置して中国本土にいる香港市民に投票させる計画だ。11月24日の香港メディアによると、投票所が設置されるのは羅湖、落馬洲、蓮塘/香園囲の3カ所の出入境管理所となるもようだ。この3カ所はいずれも深セン市内から鉄道で直接赴くことができる。選挙事務処は24日、現在、関連措置の詳細を策定しているところで、間もなく詳細を発表すると表明した。だが公務員連合会の唐麗娥・主席は、関連措置の策定は急で切迫していると批判。ボーダー投票所は1カ所につき100人余りの人員を要するため、現在の人員不足の中で短時間のうちに人手をそろえるのは難しいと述べている。また投票日は人手がひっ迫することから公務員は投票できなくなると指摘した。