帰りたくない…居心地も味も最高すぎる「札幌のおしゃれランチスポット」5選

© INCLUSIVE株式会社

札幌にはカフェや飲食店がたくさんあり、その種類もチェーン店から個人経営店までさまざまですよね。そのなかでも今回は、ランチの利用にぴったりな、おしゃれなお店をご紹介します。居心地がよすぎて、ついつい長居してしまいますよ。

1:レトロな雰囲気といえば!「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」 / 札幌市中央区

出典: 旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮

札幌中心部の大型施設「サッポロファクトリーアトリウム」に隣接する、緑豊かな「永山記念公園」。「永山記念公園」の「旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮」内には、カフェ「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」さんがあります。

明治初期に建てられ、北海道遺産に指定されている建物はレトロモダンな雰囲気がただよいます。

出典: 旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮

当時の洋食をイメージした豊富なメニューは上品で味わい深く、スイーツもこだわりの美味しさと写真映えするビジュアルで大人気。写真は『オムライスビーフシチュー』1,300円⁡(税込)。

出典: 旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮

『十勝新得町北広牧場のソフトクリームパフェ』は、1,080円〜(税込)。

品のある美味しいお食事とスイーツをたのしみながら、歴史の息吹を感じてみませんか。

<店舗情報> ■店舗名:和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト ■住所:札幌市中央区北2条東6丁目2番地(旧三菱鉱業寮1階)⁡※入館料無料 ⁡■電話番号: 011-215-1559 ■営業時間: 11〜22時(フードL.O. 21時、ドリンクL.O.21時30分) ■定休日: 第2水曜 ■駐車場:車椅子利用者等駐車場1台(近隣有料パーキングあり) ■Instagram:@nagayama_rest

2:ニューヨークにいるみたい!「ハサミヤ」 / 札幌市中央区

出典: 北海道Likers

地下鉄南北線・幌平橋駅から歩いて5分。ごく普通の住宅街に突如現れる“SANDWICH”の白ロゴ。ニューヨークの街角を切り取ったかのようなこのお店の正体は、約10年前から地元民に愛され続ける、本格サンドイッチ専門店「ハサミヤ」さんです。

出典: ハサミヤ

ニューヨーク仕込みのサンドイッチに舌鼓を打ち、80年代アメリカのレトロな雰囲気に浸れる最高のお店なんです!

出典: 北海道Likers

おすすめメニューは自家製コーンドビーフのサンドイッチ。旨味たっぷりなのにさっぱり食べられるコーンドビーフと、シャキシャキレタスとの相性は抜群です。

ほかにも、1940年代のヴィンテージレシピをもとにオーナーが手作りしたベーコンを使ったサンドイッチや、チョコペースト×自家製マーマレードのサンドイッチなど、種類豊富なメニュー⁻がずらり。

豊平川や中島公園にも近いので、ゆる~いピクニックにもぴったりです!

<店舗情報> ■店舗名:ハサミヤ ■住所:札幌市中央区南16条西5丁目3番13号 住地ビル1階 ■電話番号:011-211-0868 ■営業時間:【月火木金】8~16時、【土日祝】11~16時 ■定休日:水曜 ■駐車場:なし ■Instagram:@hasamiya.sandwich

3:アンティーク雑貨に囲まれて「OWN WAY CAFE(オウン ウェイ カフェ)」 / 札幌市北区

出典: 北海道Likers

札幌の人気観光スポット、百合が原公園近くにある「OWN WAY CAFE(オウン ウェイ カフェ)」さん。住宅街にたたずみ、一見大きくておしゃれな戸建て住宅のようなお店は、雑貨も豊富に扱うカフェです。

出典: 北海道Likers

雑貨ブースには古物商の許可を取得している店主さんが集めたおしゃれでときめくアンティークがたくさん。

ほかにもスーパーでは手に入らないような調味料やキッチングッズ、手しごと作家さんたちの小物やアクセサリー、焼き菓子などであふれています。⁡⁡

出典: 北海道Likers

カフェ開業19年にもなる「OWN WAY CAFE」さんでいただけるランチやスイーツは、素材ひとつひとつがほどよい旨味や甘味、塩かげんで万人にあう味わいです。

雑貨を見たり、美味しいメニューを味わったりと、のんびりくつろぐにはぴったりのお店です。

⁡<店舗情報> ■店舗名:OWN WAY CAFE(オウン ウェイ カフェ) ⁡■住所:札幌市北区百合が原7丁目9-25 ⁡■電話番号:011-788-3833 ■営業時間:11~19時 ⁡■定休日:不定休 ■駐車場:10台 ■Instagram:@ownwaycafe

4:ほっとする空間がここにある「Zakka+cafe アトリエナータン⁡」 / 札幌市北区

出典: 北海道Likers

札幌・新琴似にある雑貨も扱うお店「アトリエナータン」さんは、陽だまりのようにあたたかで、いつもそこで待っていてくれるような“帰りたくなる”カフェです。

出典: 北海道Likers

店内には、『イパネマの娘』など心地よいBGMがそっと流れ、ほっとする空間が広がっています。

出典: 北海道Likers

調味料から手づくりする無添加のランチやスイーツは、優しさいっぱいの味。

雑貨をながめてお気に入りをみつけるもよし、肩の力をぬいてぼんやりするもよし。有機野菜や焼き菓子(不定期)の販売などもあります。⁡⁡

⁡<店舗情報> ■店舗名:Zakka+cafe アトリエナータン⁡ ■住所:札幌市北区新琴似1条6丁目4-3 三正マンション102 ⁡■電話番号:090-5956-1194 ⁡■予約優先(公式InstagramDMより) ■営業時間:【水木金・最終土】11時30分~16時 ■定休日:最終をのぞく土曜、日曜、月曜、火曜 ⁡■駐車場:6台 ⁡■Instagram:@na_tan3

5:何度でも通いたくなる「Curry&Spice payokay(パヨカイ)」 / 札幌市豊平区

出典: 北海道Likers

地下鉄東西線の菊水駅を降りて、住宅街のなかを歩いていくと、何やらスパイスのいい香りがしてきます。目印は黄色い壁と、小さな看板。インドカレーの名店、「Curry&Spice payokay(パヨカイ)」さんです。

出典: 北海道Likers

店内は5名がけの大テーブル1つと、2名がけのテーブルが2つ。木の椅子やテーブルに囲まれて、全体的にやわらかく温かい雰囲気です。

出典: 北海道Likers

メインのカレーは定期的に変わるそうですが、カレーはもちろん、副菜がとにかく美味しいと評判です。野菜の甘みとスパイスが絶妙に調和していて、とても食べやすく、何度でも通いたくなりますよ。

<店舗情報> ■店舗名:Curry&Spice payokay(パヨカイ) ■住所:札幌市豊平区豊平2条4丁目1‐43 ■電話番号:070‐4452‐3127 ■営業時間:11時30分~14時30分L.O.、17時30分~19時30分L.O. ■定休日:月曜、第2・4火曜 ■駐車場:近隣2台 ■Instagram:@curry_payokay

店主さんのこだわりが感じられる素敵なお店ばかりですね。みなさんもぜひ足を運んでみてください。

【画像】旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮、ハサミヤ

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。