〖高速道路荒天予測情報〗中部=北陸道や関越道などで降雪可能性

冬用タイヤ装着とタイヤチェーン携行を(26日19:00現在)

© 合同会社交通時象社

日本付近は冬型の気圧配置となっており、28日まで続く見込みです。また、北陸地方の上空には27日にかけて寒気が流れ込むため、大気の非常に不安定な状態が続く見込みで、26日夜遅くから28日にかけて、山沿いや山地を中心に雪が降り積雪となる所がある見込みです。土砂災害に注意・警戒し、低地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に、注意が必要です。山沿いや山地では積雪や凍結による交通障害にも留意してください。

NEXCO中日本・東日本は、11月26日夜遅くから28日昼前にかけて、東海北陸自動車道、北陸自動車道、関越自動車道などで降雪が予想されていることから、高速道路利用者に対し、利用時には必ず冬用タイヤ装着およびタイヤチェーン携行などの冬装備をした上で、最新の気象情報や道路交通情報などを確認するよう呼びかけています。

■降雪可能性区間
<26日夜~28日昼前>
・東海北陸道 郡上八幡IC~小矢部砺波JCT
・上信越道  信濃町IC~上越高田IC
・関越道   水上IC~長岡IC
・磐越道   津川IC~安田IC

<27日明け方>
・長野道   塩尻IC~安曇野IC

<27日明け方~28日朝>
・北陸道   木之本IC~武生IC、金沢東IC~砺波IC

高速道路では、1台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めにつながる可能性があります。ノーマルタイヤでの雪道走行は、法令違反です。

この記事はいかがでしたか?