クリスマス限定アマビエマスク発売 福島・二本松の道の駅安達

© 株式会社福島民報社

アマビエサンタ(左)とアマビエ雪だるま

 福島県二本松市の道の駅安達上下線で25日、医療用レベル高性能フィルター付きのクリスマス限定アマビエデザインマスクの販売が始まった。

 プレゼントを手に「メリークリスマス」と祝福する暖色系デザイン「アマビエサンタ」、バケツをかぶり「ホワイトクリスマス」を楽しむ寒色系デザイン「アマビエ雪だるま」の2種類ある。アマビエは疫病退散の妖怪を民報印刷がオリジナルデザインした。

 ウイルスろ過効率(VFE)など99%カットの高性能の医療用レベルフィルターを内蔵。フィルターの目の細かさはナノレベルで、マイクロレベルの不織布を超える防御力を持つという。5回洗っても性能が変わらず、裏地は肌触りの良い接触冷感生地。1枚1100円(税込み)。民報印刷のオンラインショップ「ぷりもの」でも販売している。

 福島市の三宅新聞店、郡山市の郡山南部佐藤新聞店が販売店地域内で予約販売を受け付けている。

 問い合わせは道の駅安達へ。予約販売の問い合わせは三宅新聞店、郡山南部佐藤新聞店へ。

 マスク全般の問い合わせは民報印刷へ。