チェルシー、ベテランのブラジル代表DFに新契約を用意?交渉は大詰めか

© フットボール・トライブ株式会社

チアゴ・シウバ 写真提供: Gettyimages

チェルシーが、同クラブに所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバ(37)との契約延長を望んでいるようだ。ブラジル『UOL』が伝えた。

ブラジル代表として100キャップ以上を誇るチアゴ・シウバは2020年夏にパリ・サンジェルマンを契約満了に伴い退団すると、単年契約でチェルシーに加入。初年度からレギュラーとしてプレーし、6月に契約延長をすると、今季もここまで公式戦14試合に出場している。

そんなブラジル代表DFをトーマス・トゥヘル監督が信頼していることからチェルシーは2023年夏までの契約延長を希望。すでに選手側とコンタクトを取っており、交渉は大詰めを迎えているとのこと。また、チアゴ・シウバもプレミアリーグでのプレー継続を望んでいるようだ。

なお、チェルシーではそのチアゴ・シウバとコンビを組むドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが契約最終年。だが、前者は年俸面を巡って契約延長交渉が難航しており、後者は契約延長合意報道があったものの、正式発表はない。