岡田彰布氏が日本シリーズ第5戦を分析「ミスが流れを変えた」六回、オスナの失策に

© 株式会社神戸新聞社

6回、一塁手・オスナ(手前)の悪送球で、吉田正(右)の出塁を許した原(中央)=撮影・西岡正

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が25日、東京ドームで行われた日本シリーズ第5戦・ヤクルト-オリックスで解説を務めた。ヤクルトが序盤から主導権を握りながら、逆転負けを喫したポイントに六回2死からのオスナの失策を挙げた。

 二回に無死一、三塁からオスナの併殺打間に先制点を挙げたヤクルト。四回に同点に追いつかれるも、直後に村上のソロアーチで勝ち越しに成功した。先発の原は淡々とアウトを積み重ねていた中、岡田氏が「これ、流れ変わるよ」と指摘したのが六回だ。

 2死から吉田正を一ゴロに仕留めたかに思われたが、バウンドがイレギュラーし、一塁・オスナは打球のラインに入るのが遅れた。無理な体勢で捕球し、一塁ベースカバーに入った原へボールを送ったが、タイミングが合わずに悪送球。取れるアウトをきっちりと取れなかった。

 すると杉本が左前打で好機を拡大し、続くT-岡田が右前適時打を放って同点に追いつかれた。「本当ならチェンジやからな。こういう形で残してしまった走者は得点につながってまうんよ。この1点でこの試合どころか、シリーズの流れも変わったよな」と分析する。

 オリックスは七回に太田の右中間適時三塁打などで2点を勝ち越し、八回にも1点を追加。ヒギンスが山田に同点3ランを浴びたものの、九回に代打・ジョーンズが決勝ソロ。最終回はストッパーの平野が5戦目にして初めてマウンドに上がり試合を締めた。

 岡田氏は「オリックスは打ち勝つゲームができたことは大きいよ。山本、宮城を残して神戸に帰れるしな。第6戦、7戦と屋外で寒いから、それも両チームにどう(影響が)出るかやな」と今後の戦いを展望していた。