【コラム】コロナ禍2020年 マカオのカジノ業界の直接投資は約8500億円流出に(WEB版)/勝部悠人

世界最大のゲーミング都市「マカオ」の現況

© 遊技日本合同会社

新型コロナウイルス感染症の世界的流行が未だ終息の気配をみせない。マカオでは、昨年(2020年)1月下旬から本格的な防疫対策が講じられており、中でも厳格な水際措置によるインバウンド旅客の激減を受け、カジノ業界も長期にわたって苦戦を余儀なくされている。

昨年のマカオのカジノ売上(Gross Gaming Revenue)は604.41億マカオパタカ(約8595億円)にとどまった。前年比で実に79.3%減。昨年第4四半期から中国本土との往来制限が緩和(隔離検疫免除)されたことに伴い、今年1〜10月累計は前年同期比57.3%増の721.52億マカオパタカ(約1兆261億円)となっており、コロナ禍における「底」は昨年だったことが見てとれる。ただし、今年についても中国本土及びマカオ域内における散発的な市中感染例の出現によって水際措置の引き締めと緩和が繰り返される中、政府が当初見込んでいた緩やかな回復を前提とする予測の1300億マカオパタカ(約1兆8448億円)を下回る水準で推移している。マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6社の業績についても昨年は揃って赤字となり、その額は6陣営合計で約330億マカオパタカ(約4693億円)に。今年はカジノ売上の復調に伴い業績は改善しているものの、依然として厳しい状況に変わりはない。

10月下旬、マカオ政府統計調査局が昨年の直接投資統計を公表。コロナ禍マカオのカジノ業界の動向に関する興味深いデータも含まれるため、この機会にご紹介させていただきたい。

マカオのカジノ業界において外資のプレゼンスが大きいのは周知の通り。具体的な数字でみると、昨年時点の総資本は39.49億マカオパタカ(約562億円)、外資資本は34.18億マカオパタカ(約486億円)で、外資比率は86.5%だった。

マカオのカジノ業界の昨年の外来直接投資フローは600.93億マカオパタカ(約8546億円)の流出。コロナ前にあたる一昨年は433.07億マカオパタカ(約6159億円)の流入で、その差異は1034.00億マカオパタカ(約1兆4704億円)にも上った。昨年までの累計では1267.71億マカオパタカ(約1兆8028億円)の流入で、前年時点から30.1%の大幅減となった。参考までに昨年までの累計における投資の出所の割合はケイマン諸島が53.0%(対前年10.7ポイント上昇)、香港が17.1%(同0.8ポイント下落)、英領バージン諸島が16.4%(同19.2ポイント下落)。

また、昨年のマカオのカジノ業界の外来直接投資収支は321.95億マカオパタカ(約4578億円)の赤字。一昨年は451.90億マカオパタカ(約6236億円)の黒字で、マイナス幅は773.85億マカオパタカ(約1兆1006億円)にも達した。

マカオのカジノ業界による昨年までの累計在外直接投資総額についても48.68億マカオパタカ(約692億円)で、前年時点から26.4%減だった。
あらためてデータを眺めると、コロナ禍がマカオのカジノ業界に与えたインパクトの大きさに驚かされる。これはあくまで去年の話だ。上述の通り、すでにマカオのカジノ売上は昨年時点で底打ちしているため、各種指標は今年から改善に転じるものと予想される。

今後について、リスクが全く存在しないわけではない。マカオのカジノ売上が復調に転じた最大の理由は中国本土との往来制限が緩和されたことにある。よって、中国本土とマカオにおける状況がいずれも落ち着いているという前提に成り立つ。先に今年1〜10月累計のマカオのカジノ売上は前年同期比でプラスと書いたが、実は直近の10月単月では対前年で9ヶ月ぶりのマイナスとなり、年初来最低を記録した。9月末から10月初旬にかけてマカオで市中感染確認例が相次いだことで、往来制限が再強化されたことによる。隔離検疫免除での往来が約3週間にわたってストップし、再開後も往来に必要となる新型コロナ陰性証明の有効期間が48時間以内(従来は7日間以内)とされたことで、インバウンド旅客が激減。月初には年間最大の書き入れ時のひとつに数えられる国慶節の大型連休があったが、不発に終わる結果となった。厳格な防疫措置を講じている中でも、このような事態が実際に起こっているため、安定を維持することは容易ではない。

中国本土とマカオ、香港はいずれも「ゼロ・コロナ」を掲げ、防疫措置の水準を合わせており、まずはこの三地間で隔離検疫免除の三角往来の実現を目指している。マカオのインバウンド旅客数に占める中国本土と香港の割合は約9割(2019年)。一方、防疫措置の水準が異なる日本を含むその他の国・地域との往来正常化については、まだしばらく時間がかかりそうだ。

統合型リゾート施設が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の様子=筆者撮影

■プロフィール
勝部 悠人-Yujin Katsube-「マカオ新聞」編集長
1977年生まれ。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業後、日本の出版社に入社。旅行・レジャー分野を中心としたムック本の編集を担当したほか、香港・マカオ駐在を経験。2012年にマカオで独立起業し、邦字ニュースメディア「マカオ新聞」を立ち上げ。自社媒体での記事執筆のほか、日本の新聞、雑誌、テレビ及びラジオ番組への寄稿、出演、セミナー登壇などを通じてカジノ業界を含む現地最新トピックスを発信している。