スマートウォッチ必須アプリ『MR TIME Ver3.6.0』iOS新規バージョンに対応へ

© ソーシャルワイヤー株式会社

韓国のウェアラブルファッションテックブランドMR TIME(ミスタータイム、代表:ギョン ソンヒョン)が、アップルウォッチユーザー向けの、iOS13.0以降に対応した『MR TIME Ver3.6.0』を全世界同時にリリースすると11月25日に発表いたしました。

iOS版: https://apps.apple.com/jp/app/mr-time/id1097434319

<スマートウォッチの文字盤をカスタマイズするプラットフォーム MR TIME>

MR TIMEは、現在累計550万ダウンロードを記録し、現在Google Play Store Wear OS部門1位のアプリです。スマートフォンを使って、直接スマートウォッチの文字盤を作成して使用できるプラットフォームです。

アプリを通じで他の利用者が作った文字盤を無料で利用することができ、自分だけの文字盤を作り全世界の利用者達と共有することもできます。

今回のリリースは、Apple Watch OSへの最適化を行い、安全性と利用者の利便性を実現。

現在、Androidに提供するより多彩な種類のユーザーカスタマイズサービスとクォリティの高いスマートウォッチバンドを提供するため、既存提供していたMR.TIME iOSバージョンを最適化してリリースしました。

自分だけの文字盤を簡単にデザインすることができ、このデザインに合わせたバンドも合わせて表示され一目で把握できます。何よりも便利なサービス、体験が可能になりました。

MR TIME iOSアップデート後の実際の画面

今後、順次行われるアップデートを通じて、MR TIMEで直接制作したプレミアム文字盤と多様な分野のデザイナー及びブランドとコラボしたコンテンツも提供する予定です。

MR TIMEは、今年イギリスのデザイングループ“ペッツロック(PetsRock)”、フランスのファッションブランド“ウィーグルウィーグル(Wiggle Wiggle)”とコラボし、文字盤のコンテンツとバンドを披露しました。

一方、今回のiOSのリリースはアップルウォッチの需要が一番多い国の1つである日本市場の進出のために進められました。本格的な事業展開のために、日本の時計製造・流通専門企業である“株式会社タケフジ”とEコマース企業である“株式会社GRITON”の2社とMOU締結を完了しました。

両社は、今回のMOUを通じ日本国内での、MR TIMEのサービス展開をとバンドの供給を同時に進め、来年を目標にMR TIMEの全製品をオン、オフラインチャネルを通じ紹介する予定です。

MR TIMEのギョン・ソンヒョン代表は、「新規スマートウォッチが次々と発売される中、それに合わせ自分を表現することに関心が高いZ世代の消費者達を中心に、“差別化された自分だけの文字盤”のようなカスタマイズの現象が普遍的に広がっていることは、スマートフォンのカスタマイズ市場の規模と同等までに拡大する事が予想できる。」と話しております。

また、MR TIMEは自社モールのリニューアルを記念し、2021年12月31日までに https://en.mrtime.store/ に入会されたお客様に対して割引イベント及びクーポンを贈呈するイベントを行なっています。

● MR TIME iOS版: https://apps.apple.com/jp/app/mr-time/id1097434319

● MR TIME STORE: https://mrtime.store/