縫製会社の社員寮が全焼 府中市上下町の白壁の町並みの一角 隣の民家も焼く

© 株式会社中国新聞社

炎を上げて燃える社員寮。手前右は上下町商工会館=25日午後8時55分(読者提供)

 25日午後8時半ごろ、府中市上下町上下の縫製会社の社員寮から出火、木造2階建てを全焼した。隣の民家1軒も焼いた。2階の寮には7人が暮らしていたが、全員無事だった。

 府中署によると、1階は元店舗、2階が社員寮。同署は2階が火元とみている。現場はJR上下駅の北東約100メートル。住宅や商店が並ぶ同町中心部の白壁の町並みの一角で、西隣には国登録有形文化財の上下町商工会館が立つ。辺りは煙が立ちこめ、一時騒然となった。

 近くの60代女性は「気付いたら、火柱が高く上がっていた。家や店が隣り合っている地域なので延焼しないかと怖かった」と話していた。