湖南省、1~10月の文化製品輸出40%増 米国が主な輸出先

© 新華社

湖南省、1~10月の文化製品輸出40%増 米国が主な輸出先

 湖南省の伝統工芸品である紙傘製造企業で指導する長沙税関の職員。(8月27日撮影、長沙=新華社配信/黄勇華)

 【新華社長沙11月26日】中国湖南省長沙税関は24日、今年1~10月の同省の文化製品輸出額が前年同期比40%増の339億1千万元(1元=約18円)で、米国が主な輸出先だったと発表した。

湖南省、1~10月の文化製品輸出40%増 米国が主な輸出先

 永州市東安県のギター製造企業で、スムーズな輸出を支援するため、製品の監督検査を実施する長沙税関の職員。(11月8日撮影、長沙=新華社配信/黄勇華)

 この時期、同省の文化製品輸出は比較的高い伸びを維持した。民間企業が輸出の絶対的な主力となり、一般貿易方式の輸出が急速に増加した。中でも玩具や宝飾品、花火、爆竹などの祝日用品の輸出が比較的急速な伸びを維持した。

湖南省、1~10月の文化製品輸出40%増 米国が主な輸出先

 永州市東安県のギター製造企業で、スムーズな輸出を支援するため、製品の監督検査を実施する長沙税関の職員。(11月8日撮影、長沙=新華社配信/黄勇華)

 1~10月の同省の米国向け文化製品輸出は2.4倍の119億9千万元で、文化製品輸出全体の35.4%を占めた。香港特別行政区向け輸出は22.9%増の82億7千万元で、全体における割合は24.4%だった。また、英国とオランダ向け輸出は共に10億元を超えた。

湖南省、1~10月の文化製品輸出40%増 米国が主な輸出先

 湖南省の伝統工芸品である紙傘製造企業で指導する長沙税関の職員。(8月27日撮影、長沙=新華社配信/黄勇華)

 長沙税関の担当者の分析によると、今年から国が文化製品の対外貿易の質の高い発展を促すために、第2次国家文化輸出基地16カ所を認定するなど、一連の重要な措置を相次いで実施しており、省内の醴陵(れいりょう)市がその一つに選ばれた。同市は現在、伝統産業やクリエーティブデザイン、文化観光産業、展示会や見本市などの産業チェーンを形成しており、湖南省の文化製品輸出を効果的に後押ししている。(記者/張玉潔、張格)

湖南省、1~10月の文化製品輸出40%増 米国が主な輸出先

 湖南江輝文化科技で製品輸出を支援するために指導する長沙税関の職員。(5月19日撮影、長沙=新華社配信/黄勇華)