新変異株確認で南アなど6カ国への水際強化

© 一般社団法人共同通信社

 松野博一官房長官は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株が確認された南アフリカなど6カ国に関し、水際対策を強化すると明らかにした。入国者に対し、指定する宿泊施設で10日間の待機を求める。