去年の政治資金 収支ともに減少

© 株式会社とちぎテレビ

県選挙管理委員会は26日県内の政党や政治団体が提出した去年1年間の政治資金収支報告書を公表しました。

事業収入の減少や政治活動費などが減ったことで収支ともに減少したことが分かりました。

これは県選挙管理委員会が公表したもので、政治資金規正法に基づいて収支の報告をしなければならない県内の政治団体はおととしより60団体減り996団体です。

去年1年間に県内に支部を置く政党や政治団体が集めた政治資金は16億1500万円あまりで、おととしと比べておよそ2億7700万円、率にして14.7%減りました。

これは事業収入が6100万円減り8600万円になったことが主な要因で、政治資金パーティーや機関誌の発行が減ったのが影響しているとみられます。

政党別では自民党が最も多く5億2700万円、次いで共産党の1億4500万円、旧立憲民主党の5400万円となっています。

政治団体別では自民党栃木県支部連合会が7000万円で最も多く、次いで福田とみかず後援会総連合会の6900万円、共産党栃木県委員会の6800万円などとなっています。

一方、支出は15億3700万円あまりで統一地方選挙や参議院選挙が行われたおととしに比べて、政治活動費の中の選挙関係費がおよそ8割減っています。