演歌第7世代・新浜レオンが寝ずに考えたネタを披露も“ややウケ”

© 株式会社東京スポーツ新聞社

左から青山新、辰巳ゆうと、新浜レオン、二見颯一、彩青(東スポWeb)

「我ら演歌第7世代! スペシャルコンサート」が27日、都内の日経ホールでが開催され、青山新(21)、辰巳ゆうと(23)、新浜レオン(25)、二見颯一(23)、彩青(19)がコンサート前に囲み取材に応じた。

お笑い界同様に演歌・歌謡界にも「第7世代」が注目を集めている。20~30代でデビューから5年以内の若手演歌歌手で「演歌第7世代」の筆頭とも言えるのが、この5人だ。

同世代とあって取材中も和気あいあいとした様子。新浜が「今日はみなさんのレオンを考えてきました」と切り出し、私服がオシャレな二見には「おしゃれレオン」。先輩、スタッフからも愛される青山には「愛さレオン」。19歳なのに貫禄がある彩青は「あっぱレオン」。カッコイイ辰巳は「男女問わず惚れ惚レオン」と寝ずに考えたというネタをぶち込んだが、ややウケ。辰巳から「愛さレオンと似てませんか(笑い)」と突っ込まれ笑いが起きた。

最後に辰巳が「演歌って年上の方が聞くイメージあると思いますが聞いていただくと必ず演歌の魅力が伝わると思います。同世代の皆さんと一緒に切磋琢磨して頑張っていくことが(演歌の魅力を)広めていくことになると思います」とアピールした。