谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!

© 株式会社飛鳥新社

2016年の5月1日、麻生太郎副総理兼財務大臣は、ロスアンゼルスのザ・ビバリー・ヒルトンにいた。同ホテルを会場に大物投資家たちが集まる会議に出て、英語で一席ぶった麻生氏は、目を丸くさせるエピソードを紹介した。

日本は信義を守る国だと説くため麻生氏がもちだしたのは、日露戦争の戦費を得ようと高橋是清が英米投資家に売りさばいた外貨建て日本国債を、英米相手の戦争になっても日本はチャラにしなかった、どころか、戦後だいぶ経つまで営々と償還(支払い)したという話だ。「どうです、安全確実ですからひとつ日本に投資を」というワケだった。

京都大学で経済学を修め、住友銀行(当時)で8年働いたのち1997年以来防衛省防衛研究所に務める小野圭司氏が、このたび『日本 戦争経済史』という本を出した。これを読むと、麻生氏の話は正真正銘ホントだったのだとつくづくわかる。

日露戦争の戦費に調達した外債を返し終えたのは、1970年。日清戦争の外債償還にはもっとかかって、完済したのは1985年だと書いてある。「プラザ合意」で日本が世界最大の債権国に躍り出たその同じ年に、ニッシンセンソウ(!)の借金返済がやっと終っていたとは。

本書を労作と呼ばずして、何をそう呼べようかという出来栄えは、たくさん出てくる表のひとつひとつを見れば明らかだ。

戊辰戦争、西南戦争から日清・日露を経て日華事変・太平洋戦争まで。兵隊をどう養い、食わせ、着させたか(ただ歩かせるだけでも兵隊にはカネがかかる)。軍艦をどうやって買ったか。数字に正確を期したうえ、それを当時の日本経済・財政の規模や、諸外国のそれと比較しながら論じるために、骨惜しみをしない著者はいくつもの表をつくった。

たゆまぬ努力の賜物というべき表を眺めつつ思うのは、戦争というもの、軍刀を吊るし参謀肩章をさげた将校たちすべてが鬼籍に入ったあとも、まぁ長く続くものだということだ。借財の後始末は、世代を越え、大蔵省(当時)理財局の吏員が背負った。謳われざるそんな戦士の誰彼は、本書の出現をもって瞑すべしだ。

麻生氏が言うとおり、ごく一部帳簿上の名目的な債務を例外として、日本は、外国から借りたカネも、日本国内でつくった借金も律儀に返した。勝ち戦にも、負け戦にもきちんとけりをつけている。誰をほめたらいいのかわからないが、エライ。

138ページに、衝撃的な数字がある。日露戦争で東郷平八郎が乗った、かの戦艦「三笠」。その値段は、竣工年の一般会計歳出に対し4・4パーセントに達した。この比率を今日の予算に当てはめると、三笠1隻で、最新鋭イージス艦28隻が買える計算になる。日露戦争へ向けつくったほかの戦艦、装甲巡洋艦の調達額合計を同じように今日の財政で比較すると、わが国は「イージス護衛艦三百隻超を対露戦に向けて整備したことになる」のだと。

中国を舞台に日本が演じた通貨の信用をめぐる戦いを、当該分野の先駆者・多田井喜生という人の業績に依りつつ論じたあたり、もうひとつの読みどころ。比較対象として米国の南北戦争を詳しくみているところも、戦争の「台所事情」は各戸それぞれ苦労だったことを偲ばせ、意外な共感を抱かせる。

戦争をカネから眺めると、見える景色はかくも違うものか。(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)

谷口智彦