張本/早田ペア、インドペアの変化に対応し勝利 ベスト4入りを決める<世界卓球2021>

© 株式会社ラリーズ

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間27日、世界選手権は5日目を迎え、混合ダブルス準々決勝に張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが登場。ゲームカウント3-1で勝利し、ベスト4入りを決めた。

張本、早田が準決勝進出を決めた

対戦したサティアン・グナナセカラン/マニカ・バトラ(インド)ペアでは、マニカ・バトラがバック面に粒高ラバーを使用している。ラリーに変化が加わるが、日本ペアはどう対応するか。

写真:サティアン・グナナセカラン/マニカ・バトラ(インド)ペア/撮影:ラリーズ編集部

第1ゲームからラリーの応酬となるも、サイドを突く攻撃で張本/早田ペアが優位に立ち、第1ゲームを取る。第2ゲームでは粒高ラバーの変化をものともせず攻め続けた。第3ゲームでは一転、インドのペアが短いレシーブから展開し始め、逆転で1ゲーム取り返す。

第4ゲームは一進一退の攻防が続くが、足を使って変化についていった張本/早田ペアがラリーを制した。

勝利した張本/早田ペアは、準決勝で林高遠(中国)/チャン・リリー(アメリカ)ペアと対戦する。

混合ダブルス準々決勝

写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペア/撮影:ラリーズ編集部

〇張本智和/早田ひな 3-1 サティアン・グナナセカラン/マニカ・バトラ(インド)
11-5/11-2/7-11/11-9

文:ラリーズ編集部