石川/平野ペア、中国ペアとほぼ互角の勝負もあと一歩及ばず惜敗<世界卓球2021>

© 株式会社ラリーズ

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間27日、世界選手権は5日目を迎え、女子ダブルス準々決勝に石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアが登場。ゲームカウント2-3で敗れ、惜しくもベスト4入りとはならなかった。

石川・平野がラリーでも中国ペアを翻弄

序盤から大きなラリーが続く試合となった。第1ゲームではラリーでも台上でも石川/平野ペアがリードする。王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)ペアも迫るが、日本ペアが逃げ切った。

写真:王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)ペア/撮影:ラリーズ編集部

第2ゲームも一進一退の攻防が続く。中国ペアが回転量の多いドライブで点差を広げ、第2ゲームを制した。第3ゲームでは中国ペアがラリーでも十分な体勢でラリーに臨み、日本ペアの失点が続いた。2ゲーム目を取られ後がない石川/平野ペアは、石川のシュートドライブを軸に中国ペアに食らいつく。

ストレートへのフリックが得点につながり、日本ペアが第4ゲームを取って最終ゲームに突入した。互いに譲らない展開の中、最後までラリーで体勢を維持できた中国ペアがドライブをコートに打ち込んだ。

女子ダブルス準々決勝

写真:石川佳純(全農)・平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

石川佳純/平野美宇 2-3 王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)〇
11-9/7-11/6-11/11-6/4-11

文:ラリーズ編集部