かつて「ニワトリの腸の道」と呼ばれた悪路が平坦な道に―湖北省宣昌市

© 株式会社 Record China

湖北省宣昌市にある百里荒は、周囲100里が荒れ果て、一軒の家もないことからその名が付けられている。西に三峡ダムを臨み、草原の面積は約2700ヘクタールで、三峡エリア唯一の高山草原となっている。中国新聞網が伝えた。

同地を走る道路はかつて道幅が狭く、急カーブが多く、整備されていないデコボコ道だったため、「ニワトリの腸の道」と呼ばれ、通行する住民らを苦しませただけでなく、同地の経済や社会の発展にとっても足かせとなっていた。現在の百里荒は、草原の美しい風景と、遊牧民をテーマとしたレジャー観光、レクリエーションを一体化させた観光景勝地となっているほか、道路ネットワークも整備され、北・南・東3方向の約100平方キロメートル内の2~30カ所の村と鎮の往来を可能にしている。また、沿線の民泊施設やアグリテイメント、農村Eコマースなど経営主体の発展もけん引されている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)