白濱亜嵐「将来、結婚するならこんな人がいい」関口メンディー、野村周平と語った理想のパートナー

© 株式会社フジテレビジョン

白濱亜嵐、関口メンディー、野村周平が語った理想のパートナーの条件に「趣味」「自立」などのキーワードが挙がった。

11月28日(日)放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)は、EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐、関口メンディー、俳優の野村周平が登場し、お互いの関係性や、ルーツ、恋愛観、結婚観などについて語り合った。

左から)野村周平、白濱亜嵐、関口メンディー

会う前は荒くれ者のイメージ!?野村周平の素顔は…

白濱、関口と『ボクらの時代』に出演することになった野村は「やっと来たか!と思ったらLDH枠だった」「俺もそろそろLDH入ろうかな」と笑わせた。公私ともに付き合いのある3人だが、関口は「周平くん、たぶんそれこそ会うまでって、結構、荒くれ者のイメージがあった」と明かした。

野村周平

関口:なんかすごい「ニュースになる人」っていうイメージがあって。

野村:はいはい。

白濱:(笑)。

関口:でも、話してみるとすごい自然体で、普通というか。

野村:そうなんですよ、一番、勘違いされる。いろんなニュース出て、悪いっていうか騒がせるイメージみたいなんだけど。ただ普通に女優とツーショットを(SNSに)上げてたりするだけなんだけどね。

関口:うん、普通だよね。

野村と高校生のころから10年来の仲である白濱も「めちゃくちゃ普通、周平は」と、大きくうなずいた。

関口メンディーの「ハードルがちょっと上がる問題」

3人には、父親、母親どちらかが外国人という共通点がある。

野村:メンディーってどこのハーフ?

関口:僕は、ナイジェリアと日本のハーフ。で、生まれたのがアメリカ。

野村:亜嵐もハーフ?

白濱:俺もハーフ。だから今日すごいね。3人ハーフ。

野村:異文化交流だね。

関口:確かに。

白濱:俺、お母さんがフィリピン人なんだけど、おばあちゃんもスペインの血入ってるし、フィリピン側のひいじいちゃんも中国の血、入ってんのよ。

関口&野村:へぇー。

白濱:小さいときから毎週末、教会だったから。教会行って、マジで異文化交流だよね。本当にいろんな人種の子がいる中で、礼拝もするし、パーティとかあったら、もう全然、言葉通じない子どもたちと遊んでた。あとは基本フィリピンハーフコミュニティみたいなところにいたから、もうみんなお母さんはフィリピン人みたいなところで育ったかな。小さいときからそういう環境にいるからこそ、視野というか、考え方は広かったとは思う。

そこで関口から「あれ?周りの子と自分、ちょっと違うかもって思った瞬間とかってある?」と質問が。野村は「俺、逆に自分が中国の血、入ってることをすごい誇りに思ってるんだよね」と明かした。

白濱亜嵐

野村:たまに、「お前、中国がなくなったらメイド・イン・チャイナのもん、全部なくなるかんな!」と思う(笑)。

白濱&関口:(笑)。

野村:「それ、お前着てんの、メイド・イン・チャイナだから、全部」って(笑)。だから、あんまりなかったね。

白濱:(関口に)逆にあるの?

関口:なんかね、そういう感じよりは、ハードルがちょっと上がる問題っていうのがあって。

野村:(笑)。なんかわかる気がする。

関口:例えば、歌とかに関してもブラックミュージックとかあると、「やっぱり、黒人の人とかって歌うまいよね」みたいなイメージがあるから、カラオケとかに行ったときにすごい期待される。で、全然下手でがっかりされるっていう。

関口メンディー

白濱:野球でもあるんでしょ?バッターボックス入ったら外野が下がるみたいな。

関口:外野が下がる!

野村:(笑)。

関口は「逆に前に落とす」「それはそれでラッキーだった」と笑い、自分たちのルーツに思うことや、イメージで判断されることなどについて率直に語り合った。

白濱亜嵐「進路先はEXILE」宣言で、あだ名が「シラザイル」に

野村は、白濱と関口に「やっぱり、EXILEさんには憧れてたところはあるんですか?」と質問した。

白濱:俺はもう、ド級のEXILEファンだったのよ。で、中学のときに「EXILEになりたい」って。「俺、進路先EXILEです」みたいに言って、学校に。で、そしたら、あだ名が「シラザイル」ってなって。

関口:シラザイルね。

野村:(笑)。シラザイル。

白濱:そうそう。だから卒業アルバムの寄せ書きのところに「マジでEXILEなれよ」みたいな感じの寄せ書きばっかり。

関口:すごいよね、叶えてるっていうのはね。

野村:叶ってるもんね。

関口:そうそう。

白濱:叶いましたね。

一方、関口は「EXPG(LDH系列のダンススクール)に入るまで、本当に興味がなかった」と明かして…。

白濱:そうなんだ。

関口:で、「EXPGに入るんだったらEXILEのライブ見たほうがいいよね」っていう話になって。

白濱:そりゃそうだよね。

野村:そりゃそうだよ(笑)。

関口:最初は、EXPGも特待生で入れるから「ただでダンス習えるの超ラッキーじゃん」っていう、本当そのくらいの気持ちで行ってたんですけど、2010年のスタジアムのツアーを見に行ったときに「うわ、やべえ」ってなって。「僕もこうなりたい」って、そこで思って。

関口は「そこからダンスへの熱が入っていったっていう感じ」と、当時を振り返った。

「束縛は勝手な憶測と予想で生まれてしまうもの」(関口)

話題は、「恋愛観」「結婚観」にも及んだ。

関口:恋愛観とかって変わってきたりします?

野村:それは、でもメンディーさん、どうなんですか、逆に?

白濱:(笑)。

関口:恋愛観…。

野村:やっぱり一番そこを考えなきゃいけないのが(年長者の)メンディーさんじゃないですか、今。

関口:恋愛観で言うと…確かに、変わったかも。

野村:メンディーって束縛とかすんの?

関口:束縛はマジでしない。しないと思う。

野村:メンディーが束縛してたら、イヤだもんな。

白濱:怖いもんな、メンディーが束縛してたら。

野村:怖い怖い。

関口:束縛って結局、自分と一緒にいないときに、勝手に相手の人がほかの誰かといるとか、なんか遊んでるんじゃないかとかいう、もう勝手な憶測と予想みたいなので生まれちゃうものじゃないですか。

白濱:うん、そうね。

関口:基本的にそういうのやめたんです、恋愛だけじゃなくて、ほかの物事に対しても。「人を疑わない」っていう。「今日もかっこいいですね」って言われて、「この人、なんか見返りを求めているのかな?」って疑っちゃう人っているじゃないですか。そういうのもやめて、そういうふうに褒められたときとかも、「ありがとうございます」って素直に受け取る。

これに、白濱が「家庭を持ちたいみたいなのは?」と、さらに突っ込んだ質問を。

関口:それは、ずっとあるっていうか。漠然としたイメージだけど、子どもがいて、家庭を持ちたいなっていうのは。

「結婚というシステムが嫌い」(野村)

白濱:(野村に)結婚っていうシステムが嫌いなんだよね?

野村:嫌いなんですよ。

関口:それは、いろんなスタイルがあっていいと思う。

野村:そこだけ、やたらとんがってて。区役所とか行かなきゃいけないんだろとか思うし。なんか書いて、「なんだ、これ?」とか思っちゃうっていう、システムに対しての疑問。結婚に対しては、すごい美しい愛の形だとは思ってますけど。それこそELLYさんいるじゃないですか。ああいう感じ、すごいいいなと思う、事実婚っていうか。事実婚っていうと、なんかちょっと悪いイメージみたいなあるけど、でももう、そんな時代じゃないし。

白濱:そうなんだよね、わかる。

野村:だから、結婚してないと子どもがかわいそうだとか。「なんで?」とか思うじゃない。

関口:確かにそういう意味では、別に結婚っていうのにとらわれてはないかも。

「やっぱりお互いにとって一番いいスタンスというか、スタイルがいい」と結婚観について盛り上がる中、白濱は「将来、結婚するとしたらこんな人がいいなみたいなのはずっとある」と言い出し…。

野村:どんな人ですか。

白濱:一緒に曲作りができる人というか。俺、家で曲作るから「ちょっとさ、このメロディ、一緒にやってくんない?」みたいな。「ああ、いいよ」みたいな感じで…。

野村:それ、いいねぇ。

白濱:だから、同じ趣味があればあるほどいいなっていうのは。

関口:なるほどね。趣味が同じ人がいいってことか。

白濱:うん。

一方、野村の理想のタイプは「自立している人」と言い、独自の恋愛観を語った。

野村:「お前なんかに払ってもらわなくても払えるから」みたいな人のほうがいい。あと、「俺の人生を邪魔しない」。

白濱:(笑)。

野村:俺の趣味とかについてきて、それこそ釣りとか(一緒に)やる分にはいいし、「車好き」とか、それ言ってくれる分にはいいんだけど。(自分が)「釣り行ってくる」っと言って、「なんで?私も休みなんだけど」(と、言われてしまうと)「え?何、何?」って。

白濱:ああ。

関口:はいはい。

野村:それはもう、俺の人生を邪魔してるじゃん。それで、「一緒に釣り行こうよ」だったら全然あり。でも「え?釣り、魚とかキモい」とか言われたら、もう「お前のほうがキモいよ、魚より」っていうテンションになるから。

関口:魚、バカにすんなと。

野村:「バカにすんな」っていう感じのテンションに入るから、やっぱり「人生を邪魔しない人」。

多趣味な野村は「スケボーも、スノボも、BMXも、車、バイク、釣り…全部やってる」と言い「だから、ストレスはない。どんだけ現場でイヤなことがあっても、別に『俺、かっこいいことしてるからいいや』って」と、私生活の充実ぶりをうかがわせた。