<あのころ>衝突炎上のタンカーを撃沈

東京湾の第10雄洋丸事件

© 一般社団法人共同通信社

1974(昭和49)年11月28日、東京湾・浦賀水道でリベリアの貨物船と衝突した後、炎上しながら19日間漂流した大型タンカー「第10雄洋丸」が犬吠埼沖530キロの海底に沈められた。自衛隊による撃沈作戦で魚雷発射や艦砲射撃が行われた。当時日本で最大級のタンカー事故で双方に死者33人を出した。