宇田/戸上ペア、男子複でベスト4入り メダル獲得も「中国以外には負けたくない」<世界卓球2021>

© 株式会社ラリーズ

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間27日、世界選手権は5日目を迎え、男子ダブルス準々決勝に宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)ペアが登場。ゲームカウント3-1で勝利し、ベスト4入りを決めた。

試合後、宇田・戸上が報道陣の質問に答えた。

宇田幸矢・戸上隼輔コメント

メダル獲得の感想

宇田:メダルが取れたことに関しては良かったかなと思うんですけど、試合はまだまだ続くのでしっかり準備していきたいと思います。

戸上:メダルを取れてほっとしてるんですけど、目指すのは決勝までと思ってるので、とりあえず今日は勝ててよかったです。

初出場でメダル獲得について

宇田:初出場ですけど、お互いの目指すところはメダルだったのでまずは本当にうれしいのと、後は明日につなげていきたいっていう気持ちですね。

戸上:僕は3年後の(パリ)五輪を見据えて、今回ダブルスが勝ち取れたっていうのは、大きな収穫だなと思います。

ダブルスで勝つことの意義

宇田:僕自身はシングルス1回戦で負けてしまって、アメリカ入ってから色々アクシデントもあって、初出場というのも重なって不安がすごくあったんですけど、こうしてメダルを獲得することができて、少しでも日本代表に貢献することができたのではないかと思います。

戸上:僕は中国以外には負けたくないなと思っていて、中国選手に勝ちたい気持ちはいっぱいなんですけど、そこに行くまでが険しい道のりだと思ったので、明日も勝ちたい、というよりか負けたくないですね。この2人で決勝まで行って、中国(選手)を倒したいって気持ちでいれば、倒せるんじゃないかと思ってます。

今後につながる結果となったか

宇田:まずはアジア選手権で優勝することができて今回につなげられて、今回もメダルが取れたので、ステップアップとしてはすごくいい感じなのかなと思います。

男子ダブルス準々決勝

〇宇田幸矢/戸上隼輔 3-1 ポール・ドリンコール/リアム・ピッチフォード(イングランド)
12-10/10-12/12-10/11-5

文:ラリーズ編集部