『ラジエーションハウスII』第9話 “田中”八嶋智人、すし職人を志す

© ブロードメディア株式会社

ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』第9場面写真(C)フジテレビ

俳優の窪田正孝が主演を務めるドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)第9話が今夜放送。第9話では、田中福男(八嶋智人)が、ひょんなことからすし職人を志す。

「僕がずっと心から尊敬している医者は、甘春先生…あなたですから」。五十嵐唯織(窪田)から言われた言葉が頭から離れない天春杏(本田翼)。その唯織が研究チームの一員だったピレス教授の研究室のサイトを見ていた杏は、『留学生募集』の文字に目を止める。

一方、ラジエーションハウスの田中は、最新の撮影技術を考案したと言って脳外科医の渋谷(野間口徹)に自分を売り込んでいた。だが田中は、基礎が身についてないことを渋谷に指摘され、すっかり落ち込んでしまう。そんな田中に追い打ちをかけるかのように、別れた妻・幸子(猫背椿)から、再婚することになったというメールが届き…。

ある日、ラジエーションハウスに、医療メーカーの営業マン・山田福造(石井正則)がやってくる。山田は造影剤の販売を担当しているが、十分在庫があるという理由から小野寺俊夫(遠藤憲一)に追い返されていた。帰ろうとしていた山田だったが、唯織に声をかけられる。唯織は、彼の左耳が聞こえにくくなっているのではないかと気づいて…。

そんな折、田中はひょんなことから山田と知り合う。同じ“福”という字がある名前にも関わらず、不幸続きだという境遇も似ていることから意気投合する2人。その際、山田は、実家で寿司職人をしている父親から跡を継いでほしいと言われていることを明かすと、冗談で一緒にやらないかと田中を誘う。元妻に再婚され、傷心の田中はその話に食いつき…。

ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』第9話は、フジテレビ系にて11月29日21時放送。