日本で730年分のレアアース発見、なぜさっさと採掘に行かないのか―米華字メディア

© 株式会社 Record China

2011年11月23日、米華字メディア・多維新聞は、「日本で人類の730年分と言われる巨大埋蔵レアアースが見つかったのに、なぜ遅々として採掘しないのか」とする記事を掲載した。

記事は、日本メディアが今月21日に、特に中国を主とする外国へのレアアース依存から脱却すべく、日本が海底のレアアース資源の大規模な探査行動を計画しているとし、その目玉が南鳥島海底に眠るレアアースの探査で、ひとたび準備が整えば、すぐに採掘作業が始まるだろうと報じたことを紹介した。

その上で、「実は南鳥島付近のレアアース鉱に関する報道は2011年時点で既に出ていた」と指摘。その埋蔵量はおよそ1600万トンと見積もられ、現在の世界のレアアース消費量で計算すると、世界の730年分の需要を満たすことができるという膨大な量であると伝えた。

そして、今回日本メディアがこのような報道を行った意図について「重要な情報を意図的に隠した上でセンセーショナルに伝えることで、中国のレアアース政策に圧力をかけようとした」と考察。報道では「南鳥島は日本本土から1900キロメートルも離れていること、日本には深海資源採掘技術が不足しており、短期間のうちの採掘開始は不可能であることを」敢えて伝えていないのだとしている。

また、陸上資源の採掘とは異なり、深海の採掘は非常に高い環境条件が求められると紹介。うかつに採掘すれば泥漿のような形状のレアアースが撹拌(かくはん)されて海水中に流れ込み、重金属や有害元素が海水に混ざって広い海域に拡散し、世界各地の漁業や海洋環境に壊滅的な打撃を与える可能性が極めて高いと伝えた。

記事は、実際のところ日本のみならず、世界のどの国も南鳥島のレアアース資源が眠るとされる水深6000メートルレベルの採掘技術を開発できていないとし、現時点で最も深い海底資源を採掘できるのは中国が作った水深2500メートル級の採掘船「鸚鵡螺新紀元号」であることから、日本がもし南鳥島のレアアース採掘を実際に行おうとすれば、中国の助けを必要とするかもしれないと伝えている。(翻訳・編集/川尻)