宇田/戸上ペア、銅メダル獲得も「悔いの残る大会だった」<世界卓球2021>

© 株式会社ラリーズ

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

28日、世界選手権は大会6日目を迎え、男子ダブルス準決勝に宇田幸矢(明治大)/戸上隼輔(明治大)ペアが登場し、ゲームカウント1-3で敗れた。試合後、宇田/戸上ペアが報道陣の質問に答えた。

試合後コメント

チキータからの展開で相手に分があってように見えたが

宇田:フォア前にキッチリストップを止められて、自分自身攻めに行けるような攻撃ができなかった。アジア選手権の場合は、とりあえず2バウンドで入れておけば相手も厳しい攻撃もしてこなかったので、そこからの展開でラリーできたんですけど、その経験もあって相手が作戦を練ってきて、長くバックにツッツいても強くいかれたりとか。余裕を持たれてしまったので、そこからの展開が悪かったのかなと。

苦しい台上での展開はどう感じたか

戸上:やっぱり台上の展開で向こうに取られてしまった。もっともっと練習していかないと、大きな舞台になればなるほどああいう展開は増えていくと思うので、もう一回見直そうかなと思ってます。

敗れたが手応えはあったか

宇田:手応えっていうか、課題の方が多かったかなと。

戸上:そうですね、同じく。手ごたえはあったんですけど、凡ミス凡ミスっていうのが続いてしまって、課題の方が多いかなと思います。

今回の世界選手権の経験はどういうものだったか

宇田:今回世界選手権に初めて出て、僕の場合プレッシャーもそうですし、肩の痛みだったり自分自身の不安とか、いろんなことがあった。その中でもまずは一つメダルを取れたことは自信にはなるんですけど、課題だったり悔しい気持ちの方が上回るので、これからこの経験を踏まえてさらに強くなれたらいいなと思います。

戸上:大きな舞台になればなるほど自分の弱さが出てきた。中国選手と対戦させていただいて絶望も味わいましたし、今回メダルを取れたんですけど、大事な準決勝で自分のプレーができなかったのは悔いの残る大会だったなと思います。

文:ラリーズ編集部