板垣李光人が「シジュウカラ」で山口紗弥加の恋の相手に決定

© 株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で2022年1月からスタートの主演・山口紗弥加によるドラマ24「シジュウカラ」(金曜深夜0:12、開始日未定)で、主人公・綿貫忍(山口)と18歳差の恋に落ちる美しい青年・橘千秋を板垣李光人が演じることが分かった。さらに、宮崎吐夢、池内博之の出演も決定した。

原作は、女性から圧倒的支持を得ている漫画家・坂井恵理氏による同名コミック。主人公の売れない漫画家・忍は、なかなか日の目を見ず、一方家庭では結婚15年目の夫と中学生の息子がいて幸せな家庭のはずなのに、どこか満足できない日々を送っていた。そんな中、引っ越しを機に長年アシスタントをしていた売れっ子漫画家のもとを離れ、筆を折る決意も固めた。

しかし、10年以上前に描いて人気薄だった自作が、知らないうちに電子書籍で大ヒット。新作を描くことを勧められた忍は、不安を抱きつつも挑戦することに。そこでアシスタントを募集したところ、応募してきたのは22歳の美しい青年・千秋だった。次第に千秋に心ひかれていく中で、忍は自分自身のうつろで不確かな人生観と向き合う。「私をくいとめて」(2020年)、「勝手にふるえてろ」(17年)など、映画監督として多種多様な女性を描いてきた大九明子氏が監督を務め、山口とのタッグに期待が高まる。

主人公と恋に落ちる千秋を演じる板垣は、「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)をきっかけに、その美しさに注目が集まり、近年では、人気漫画の実写映画「約束のネバーランド」(20年)で主要キャストを演じたほか、⼤河ドラマ「⻘天を衝け」(NHK総合ほか)の徳川昭武役でも話題となっている。板垣が、どこか謎に包まれた若く美しい青年をいかに演じ、40歳の忍とどのようなラブストーリーを繰り広げるのか、大いに気なるところだ。

このたび千秋を演じるにあたり、髪を切って気持ちを新たに撮影した写真も公開。忍と出会って5年後の千秋の姿を写したもので、物語の始まりである5年前の千秋の姿はまた少し違った印象になるようだ。その姿は放送を楽しみにしたい。

今作への出演について、板垣は「まず、自分としてまた新たな挑戦になる作品だなと思いました。そして、大九監督が描く女性と関わることができるわけですが、作品をつくっていく中で、自分がどう存在しどういった反応が起きるのか。そういった点ではとてもワクワクしています。もちろん不安もありますが、全力で楽しもうと思います。『不倫』というものが強いインパクトとして残りがちですが、その裏には人間が抱える光や闇、傷、欲、愛をはらんだサスペンスのような深い世界が広がっていると感じました」と期待とともに、本作の印象を語った。

また、千秋を演じるにあたっては「彼が抱えるものや、そこに存在する理由、周りの人間との化学反応を大切に、そして繊細に演じていきたいと思っています」と明かし、「心に光が当たった時、抱える闇の部分がいっそう濃くなる人間の性とどう向き合っていくか。そしてその中に見いだす自分の本当の幸せとは何か。さまざまな葛藤や苦悩と向き合っていく登場人物の姿に、状況は違えどきっと共鳴していただけるはずです。彼らがどういった道を選択していくのか、ぜひ楽しみにしていてください」と視聴者へ向けてメッセージを送っている。

そして、宮崎が演じるのは、忍の夫・綿貫洋平。一般的にいう“ザ・亭主関白”な夫な上に、不倫、モラハラと許せない部分は多いが、ある意味人間味のあるキャラクターを、高い演技力を持つ宮崎が演じる。

宮崎は「40歳を過ぎてもう一度、自分の人生を生き直そうとする主人公の忍に強く共感しました。彼女を無自覚に傷つけ続けるモラハラ夫の洋平には、言うことなすこといちいちイラッとさせられました。僕の演じる洋平という旦那さんも最初から嫌みな人である訳はなく、一緒になった頃の忍にとってはそこそこ魅力的で優しい人だったのだと思います。忍が洋平にひかれた理由が『ビリー・ジョエルの“ハートにファイヤー”をカラオケでカッコよく歌ったから』と言うシーンがあるのですが、『ハートにファイヤー』という曲はアメリカ近現代の歴史用語をラップのように歌う日本人にはめちゃくちゃ難しい楽曲で、これを人前で歌いこなすには相当の練習が必要だったはずです。単なる『悪役』『敵役』ではなく、そういう真面目でひたむきな愛らしい一面もある(あった)ことを頭の片隅に想像しながら演じてみたいと思います」と役柄に触れ、期待を込めた。

池内が演じるのは、忍の元カレで、第2の不倫相手となる漫画編集者の岡野克巳。忍と再会し、漫画家と編集者として仕事をするとともに、不倫関係になる。

池内は「どんどん作品のストーリーにのめり込み、今後の展開が非常に気になりました。仕事と家庭の両立だったりタブーとされる不倫だったりがテーマになってきますが、同世代の方々から共感できるようなどこか切なくて、力のある作品をつくれたらと思います。僕が演じる岡野は忍が久々に出会う元カレです。彼女があらためて漫画と向き合うきっかけを作る大事な役でもあります。そしてそこから、彼女に思いを寄せていくわけで、まさに不倫相手。皆さんがドキドキするようなシーンをたくさんつくっていければと思います。女性目線でいろいろと響くところもあるかと思います。今までにない、純愛不倫ドラマができるよう、頑張っていきたいと思います」と意気込みを語っている。