かまいたち濱家の「マニアックすぎる癖」に山内「まったくわからん」とポカン

© 株式会社光文社

かまいたち・濱家隆一が、11月28日のコンビのYouTubeチャンネルで「やめたくてもやめられないクセ」を語った。

漫才やテレビの収録直前に「口を大きく開ける」というもので、「もうルーティーンやな」と告白。「もともと表情が少ないから、本番で表情を柔らかくしたいという体操みたいなもの」と説明した。

山内健司は「共演者から見たら怖い。めっちゃ変な人やと思われてる」とツッコんだ。

また、濱家は「ロボットとして歩く」と、足を独特の形に曲げて歩くことを図解で説明するも、山内から「まったくわかれへん」とポカンとされていた。

濱家のマニアックすぎる癖に、YouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

《こんなよくわからないクセを流暢に説明する濱家くんが素晴らしい笑》

《絶対共感できない雰囲気出しときながらも真剣に聞いて結局引いちゃう山内さんに愛情感じる》

《自分の癖に共感してくれない相方を淋しそうに見つめる濱家という生き物》

「今回の動画で濱家さんは、ほかにも『人のふちを見る』とマニアックすぎる癖を告白。人の輪郭と背景を見て『その境目を目で追っちゃう』と、もはや濱家さんにしか理解できない内容で、山内さんは『なんなんそれ? 気持ち悪い』とボヤいていました」(芸能ライター)

濱家はかなり独特な感性の持ち主なのだ。