「どうする家康」阿部寛の信玄役に思わぬ注目 12年前の大河で「謙信」演じていたのに...

© 株式会社ジェイ・キャスト

「嵐」の松本潤さん(38)が徳川家康役で主演を務める2023年1月放送開始のNHK大河ドラマ「どうする家康」に、俳優の阿部寛さん(57)が武田信玄役で出演することが明らかになった。

これに対し、インターネット上では「阿部寛さんこれで上杉謙信と武田信玄の戦国両雄制覇やん!」といった声が上がっている。

2009年「天地人」で謙信役

2021年11月29日、NHKは「どうする家康」で松本さんの脇を固めるキャストについて、俳優の岡田准一さん(41)が織田信長役、ムロツヨシさん(45)が豊臣秀吉役、有村架純さん(28)が家康の正室・瀬名役、狂言師の野村萬斎(55)が今川義元役、併せて阿部さんが信玄役で出演することを発表した。

阿部さんは2009年放送の大河「天地人」で、武田信玄のライバルたる上杉謙信役で出演。同ドラマは作家の火坂雅志さんの同名小説が原作で、上杉謙信の後継者の上杉景勝に仕えた直江兼続を主人公とし、兼続役は妻夫木聡さんが務めていた。

阿部さんが信玄・謙信のそれぞれを演じることについて、ツイッターには、

「あら! 阿部寛さん『天地人』では上杉謙信だったのに今度は武田信玄ですか」

「個人的に天地人で上杉謙信演じた阿部寛が武田信玄やるの胸アツなんだけど」

といった声が続々。ほかにも、

「上杉謙信演じて今度は武田信玄! 新潟の人山梨の人は複雑じゃないかな?」

と武田信玄の拠点たる甲斐の国(山梨県)と上杉謙信の拠点たる越後の国(新潟県)の地元ユーザーをおもんぱかる声も上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)