【韓国】サムスン重とMS、造船所のデジタル化加速[製造]

© 株式会社NNA

韓国造船大手のサムスン重工業は29日、米マイクロソフト(MS)と「デジタル造船所転換のための戦略的パートナーシップ」を締結したと発表した。MSが持つ情報技術(IT)とノウハウを活かし、造船所のデジタル化を加速したい考え。

これは、サムスン重工業が2019年に立てたデジタル転換戦略「スマートSHI(Smart Samsung Heavy Industries)」事業の一環。現在、慶尚南道巨済市にある同社の造船所では、超高速無線通信を基盤とするモバイル業務環境を構築し、モノのインターネット(IoT)やデータ自動化技術などを使って生産体系の知能化を図っている。

サムスン重工業は今回の提携を機に、MSが保有するクラウドサービス「アジュール(Azure)」や人工知能(AI)、メタバース(仮想空間)技術を活用し、社内のデータと情報をデジタル仮想空間に集積させる計画だ。