シンガポール航空、購入後に搭乗日を決められる「フライトパス」を販売

© Traicy Japan Inc,

シンガポール航空は、割引価格で航空券を事前購入し、搭乗日を後から決めることができる「フライトパス」を発表した。

まずは、シンガポールとイギリス、イタリア、オランダ、韓国、スペイン、フランスを結ぶ路線で導入する。シンガポール行きは、ワクチン・トラベル・レーン(VTL)専用便も対象とする。今後、対象路線を順次拡大する。

旅行先、利用便数、搭乗者数を選択の上、有効期限や予約条件、運賃タイプを選択することで料金がわかる。購入後、有効期限内に利用ができる。運賃が値上がりした場合でも、差額を求めない。オプションタウンと共同で販売する。