米ゴルフ、エルダーさんが死去

マスターズ初の黒人選手

© 一般社団法人共同通信社

死去したリー・エルダーさん(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米男子ゴルフのPGAツアーは29日、1975年に黒人として初めてメジャー大会のマスターズ・トーナメントに出場したリー・エルダーさんが28日に死去したと発表した。87歳。死因などは公表されていない。

 テキサス州ダラス出身のエルダーさんはキャディーをしながら腕を磨いた。74年に米ツアー初勝利を挙げ、それまで白人のみで競われていたマスターズに招待された。結果は予選落ちだったが、後の黒人会員受け入れや97年のタイガー・ウッズ初優勝などにつながる歴史を切り開いた。ツアー通算4勝。