北日本中心に荒天の恐れ

低気圧急速に発達で

© 一般社団法人共同通信社

 気象庁は30日、急速に発達する低気圧の影響で、北日本を中心に12月2日ごろにかけて大荒れの天気になり、西日本と東日本でも同月1日にかけて非常に不安定な大気の状態になるとして、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨にも注意が必要だ。

 気象庁によると、黄海にある低気圧が東北東に進んでいる。また、低気圧から延びる前線が西日本から北日本を通過する見込み。前線や低気圧に暖かく湿った空気が流れ込むという。

 30日の予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道で20メートル(35メートル)。