午前の日経平均は反発、米株高を好感 買い一巡後は伸び悩み

© ロイター

[東京 30日 ロイター] - 午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比214円99銭高の2万8498円91銭と3日ぶりに反発した。前日の米株高を好感したほか、自律反発狙いの買いが先行した。ただ、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が引き続き警戒されていることもあり、買い一巡後は伸び悩み、徐々に上げ幅を縮小する展開となった。

週明け29日の米国株式市場では、主要株価3指数がいずれも前週末の急落から反発した。「オミクロン」について、バイデン米大統領がロックダウン(都市封鎖)の再導入にはつながらないと述べ、安心感が広がった。テクノロジー株の上昇に支援され、ナスダック総合が上げを主導した。

日経平均は反発スタート。米株高を好感したほか、日経平均は前日までの2営業日でで約1200円下落したため、反動から買いが優勢となり、寄り付き後間もなく前営業日比434円78銭高の2万8718円70銭で高値を付けた。その後は伸び悩み、時間外取引での米株先物の値動きに追随する格好となった。

取引時間中に中国国家統計局が発表した11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.1と、10月の49.2から上昇した。市場予想の49.6を上回り、景況改善・悪化の分岐点となる50を8月以降初めて上回ったものの、日本株への影響は限定的だった。

市場では「米国ハイテク株が強いので、売る理由は特にない。ただ、日本独自の材料ではないほか、オミクロンが依然として警戒されているため、上値は重い」(国内証券)との声が聞かれる。

個別では、東京エレクトロン、アドバンテストなどの半導体製造関連がしっかり。2銘柄で日経平均を約78円押し上げた。米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が4%上昇したことなどが好感された。

そのほか、ニコン、オリンパス、ソニーグループなどもしっかり。三菱自動車工業、日産自動車、マツダなどの自動車株はさえなかった。

TOPIXは1.06%高の1969.14ポイントで午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆3788億2700万円だった。東証33業種では、医薬品、鉄鋼を除く31業種が値上がり。陸運業、鉄鋼、水産・農林業、精密機器、石油・石炭製品などが値上がり率上位となった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1795銘柄(82%)、値下がりが330銘柄(15%)、変わらずが59銘柄(2%)だった。