新疆コルガス、1~10月の貨物貿易が量・額ともに増加

© 新華社

新疆コルガス、1~10月の貨物貿易が量・額ともに増加

コルガス鉄道通関地の貨物積み替え場に並ぶコンテナ。(2月6日撮影、コルガス=新華社記者/丁磊)

 【新華社北京11月30日】中国新疆ウイグル自治区コルガス(霍爾果斯)税関はこのほど、1~10月にコルガスを通関した貿易貨物の量が前年同期比15.1%増の3254万7千トンだったと発表した。自治区全体の通関貨物量の6割近くを占めた。貿易額は16.9%増の2319億元(1元=約18円)で、貨物量、貿易額ともに自治区内の通関地でトップだった。

 輸入は14.6%増の2876万2千トンで、鉄鉱砂や食糧・油糧作物、化学工業原料など一次産品(原材料)を輸入した。輸出は18.7%増の378万5千トンで、機械・電子製品、自動車部品、アパレル・靴類、日用雑貨、果物・野菜などを輸出した。主な輸出先は中央アジア5カ国やロシア、ポーランドだった。

 中国ではここ数年、全国各地からコルガス経由で中央アジア、欧州市場へ輸出される日用品や機械設備、医療用品がますます増加している。