HKTDCライフスタイル・ソーシング・ショーが12月1日に開幕

© ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

オンラインと会場での見本市がライフスタイル商品に光を当てる

企業の新たな機会獲得を支援

香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- パンデミックを経て世界の調達がますますデジタル化する中で、香港貿易発展局(HKTDC)はHKTDCライフスタイル・ソーシング・ショー(会場+オンライン)を開催します。新たな調達モデルへの適応と、現在の事業環境から生じる課題克服で企業を支援すべく、オンラインと会場の両形式で開催する見本市です。

「Sourcing in Style」をテーマとするこの見本市には、9カ国・地域から出展企業580社以上が参加し、最新の玩具、ベビー用品、ギフト・高級品、家庭用品、光学製品、ワイン&スピリッツなどを紹介します。会場での展示会は、12月1~3日香港会議展覧中心(HKCEC)で開催されます。会場での展示会に参加した後は、買い手企業とサプライヤーは12月6~10日に開催される専用のオンライン展示会プラットフォームを通じて交流できます。

HKCECで開催されるライフスタイル・ソーシング・ショーの会場版では、さまざまな消費者向け・ライフスタイル商品およびソリューションを展示会形式で紹介します。オンライン・ショーでは、出展企業は3Dブースが提供され、視覚的にクリエイティブなオンライン・プラットフォームでブランドや商品をアピールできます。買い手企業と出展企業は、人工知能を使って潜在的なビジネス・パートナー間の自動マッチングを行うHKTDCのビジネスマッチング・プラットフォームのClick2Matchを通じて商談できます。このプラットフォームでは、参加者の調達ニーズに応じて、面談の日程設定、ビデオ会議の調整、リアルタイムのチャット、e名刺の交換などの支援も行います。

この見本市では、最新のライフスタイル・トレンドを完全に把握できます。中国本土の福建省、江蘇省、嘉興市、平湖市、浙江省、日本の福井県眼鏡工業組合、韓国のKOTRA、台湾のさまざまな業界団体といった12団体のパビリオンが出展し、ギフト、家庭用品、ベビー用品、玩具、光学製品、教育機器が扱われます。

見本市に加えて、業界のリーダーや専門家が招かれ、放送時間中のイベントで知見を共有します。会場での展示会中には、「Stay Ahead in a Reshaped Business Landscape(様変わりしたビジネス環境で優位性を維持する)」と題したセミナーが開催され、「we-media」インフルエンサー・マーケティング、ハイブリッド戦略を用いた事業機会の獲得、ハイブリッド・イベントをサポートするオンライン・ツー・オフライン・ソリューションといった話題を取り上げます。そのほか、電子商取引戦略や、玩具・眼鏡業界に関連するテーマに関するセミナーやウェビナーが実施されます。

ウェブサイト:https://LSShow.hktdc.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media enquiries
Please contact the HKTDC's Exhibitions Department:
Clavel Mui
Tel: (852) 2240 4136
Email: clavel.sl.mui@hktdc.org