日本勢、ダブルス3種目でメダル獲得 男女単複では新王者誕生<世界卓球2021総括>

© 株式会社ラリーズ

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間29日、世界選手権は最終日を迎え、男女シングルス、男女ダブルスで決勝戦が行われた。女子ダブルスで伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)ペアが銀メダルを獲得した。

男子総括

写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス決勝には第1シードの樊振東(ファンジェンドン・中国)と、トルルス・モーレゴード(スウェーデン)が登場。樊振東が優位な展開のまま試合が進み、4-0のストレートで樊振東が初優勝を決めた。

写真:クリスチャン・カールソンとマティアス・ファルク(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス決勝にはクリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン)ペアと張禹珍(チャンウジン)/林鐘勲(イムジョンフン・韓国)ペアと対戦。スウェーデンペアが流れを渡さず、3-1で韓国ペアを下し、初優勝を飾った。

女子総括

写真:伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス決勝には伊藤/早田ペアと王曼昱(ワンマンユ)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)ペアが登場した。中国ペアの猛攻に伊藤/早田ペアはうまく対応できず、中国ペアが3-0のストレートで勝利し、連覇を達成した。

写真:王曼昱(ワンマンユ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルス決勝には、女子ダブルス優勝の2人がライバルとして対戦した。序盤は孫穎莎がリードするも、後半で王曼昱が勢いに乗ってラリーの主導権を握った。そして4-2で王曼昱が勝利して、2冠を達成した。

日本代表総括

日本代表は男子ダブルスで宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)ペアが初出場で銅メダル、女子ダブルスで伊藤/早田ペアが2大会連続の銀メダル、混合ダブルスで張本智和(木下グループ)/早田ペアが初出場で銀メダルと計3種目でメダルを獲得した。今後は男子シングルス、女子シングルスでのメダル獲得にも期待が高まる。

最終日 結果

男子シングルス決勝

〇樊振東(中国) 4-0 トルルス・モーレゴード(スウェーデン)

女子シングルス決勝

〇王曼昱(中国) 4-2 孫穎莎(中国)

男子ダブルス決勝

〇クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン) 3-1 張禹珍/林鐘勲(韓国)

女子ダブルス決勝

伊藤美誠/早田ひな 0-3 王曼昱/孫穎莎(中国)〇

最終成績

男子シングルス

写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/撮影:ラリーズ編集部

1位 樊振東(中国)
2位 トルルス・モーレゴード(スウェーデン)
3位 梁靖崑(中国)、ティモ・ボル(ドイツ)

女子シングルス

写真:王曼昱(ワンマンユ・中国)/撮影:ラリーズ編集部

1位 王曼昱(中国)
2位 孫穎莎(中国)
3位 陳夢(中国)、王藝迪(中国)

男子ダブルス

写真:宇田幸矢・戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

1位 クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン)
2位 張禹珍/林鐘勲(韓国)
3位 宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)、林高遠/梁靖崑(中国)

女子ダブルス

写真:表彰式での早田ひな(日本生命・写真左)と伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

1位 王曼昱/孫穎莎(中国)
2位 伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)
3位 陳夢/銭天一(中国)、倪夏蓮/デヌッテ・サラウ(ルクセンブルク)

混合ダブルス

写真:張本智和・早田ひな/撮影:ラリーズ編集部

1位 王楚欽/孫穎莎(中国)
2位 張本智和/早田ひな
3位 林高遠(中国)/チャン・リリー(アメリカ)、林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

文:ラリーズ編集部