最旬中国イケメン俳優オススメTOP3!最後は特撮ヒーローものでデビューしたあの俳優

© 株式会社エスピーオー

気になる最旬中国イケメン俳優が知りたい! 彼のプロフィールや、新作ではどんな魅力が楽しめるのか知りたい! そんな願望にお応えする連載企画が登場。あのスターの素顔と旬のドラマの見どころを教えます!


最旬中国俳優TOP3、最後は「永遠の桃花~三生三世~」「如歌~百年の誓い~」「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」などで鮮烈な印象を残してきた時代劇美男ライ・イー。

名門の北京電影学院で学んだライ・イーは、クラスメートだったチャン・ユンロン、リウ・ルイリンとともに卒業後は人気女優ヤン・ミーの経営する事務所に入所、俳優として順調な一歩を踏み出しました。

そんな彼のデビュー作は2015年の特撮ドラマ「鎧甲勇士捕将(原題)」。これは仮面ライダーシリーズのような変身ヒーローもので、彼が演じたのは正義感溢れる主人公・信一役でした。同年には、ヤン・ミー主演映画『見えない目撃者』にも新人警官役で出演。どちらもちょっとおバカな青年役を初々しくキュートに演じていました。

その後、彼の転機となった作品が、2017年の大ヒット時代劇「永遠の桃花~三生三世~」です。同作で彼が演じたのはヒロインの兄弟子・疊風で、これまでと違ったイメージの上品で頼もしい貴公子ぶりが話題に。

また、翌年には「君は僕の談判官」の御曹司シエ・シャオティエン役で注目されたほか、「如歌~百年の誓い~」では妖艶な悲劇の悪役・暗夜羅を、「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」では辛い宿命を背負った宗越を演じて、複雑なキャラクターも見事に演じられる俳優へと成長したことをアピールしました。

一方で、2019年の「マスターオブスキル 全職高手」ではゲーム好きの本領を発揮してeスポーツ選手の包栄興を好演。明るい愛されキャラでも視聴者の支持を集めるなど、役どころを広げています。

「万華楼〈ばんかろう〉~金糸が紡ぐ運命の恋~」©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

こうしてキャリアを積み重ね、大人の色気も醸し出すようになってきたライ・イー。そんな彼がついに時代劇ドラマ初主演を飾ることになったのが「万華楼〈ばんかろう〉~金糸が紡ぐ運命の恋~」です。

今をときめくイケメン俳優たちとの共演が続く人気女優バイ・ルーを相手役に迎えて彼が演じたのは、絹織物業で成功する大商家のツンデレ若様で、そのラブストーリーはこれまで以上にトキメキと胸キュンがいっぱい。ライ・イーの古風な色っぽさにマッチした若様役にうっとりさせられます。


TEXT: 小酒真由子(フリーライター)

この記事はいかがでしたか?