辺野古中止前提の泉代表に賛成と対案示せ相次ぐ

© 株式会社エコノミックニュース

 立憲民主党の泉健太代表が沖縄県・辺野古新基地建設に関して「中止を前提にする」考えを示したことに、ネット上で賛否の声が相次いでいる。

 中止に賛成の論では「そうするべきだと思う。軟弱地盤だけの話じゃない。V字滑走路にしても当初計画と違う、空母が接舷するなんて話も無かったはず。環境影響調査報告書もボロボロ、埋め立てに赤土を使わないと言ってたのも無視」と指摘。

 「辺野古に新基地が出来たからと言って、普天間基地機能が移設されると言う保証も確約も実は無かった。そもそも普天間は移設無の無条件閉鎖も可能だったのに、辺野古にどうしても新基地を作りたい自民党と官僚が、普天間無条件閉鎖の話を握りつぶしたという文書も出てきた。本当にもう滅茶苦茶。辺野古新基地建設は白紙撤回し、普天間基地は改めて移設無の無条件閉鎖を目指すべきだと思う」との意見。

 一方、中止前提に反対する論では「中止を提案するなら一緒に代替案も示さないと。本当に国を守る気あるのか。隣には領海侵犯や領土略奪、拉致する国があるのに」「外交で決定している物を覆すなら、それ相応の案を提示しなければ筋も通らなければ話にもならない」。

 「民主党で政権取って出来なかったこと。しかも当時(泉代表は)民主党にいたのに。辺野古に移して普天間除去が現実的」「地位協定の改定はできればしてほしいけど、沖縄の米軍基地は中国の尖閣次第だと思うからその事を立憲がどう考えているか示してほしい」「佐賀空港移設案。佐賀県民以外の国民からすれば良い案だから、そういう啓蒙も必要。沖縄には嘉手納基地があることも言ってね。普天間基地がなくなったら丸腰だと思ってる人多いので」などなど、中止前提なら、立憲として対案を示していくよう求める意見が多い。(編集担当:森高龍二)