韓国でオミクロン株5人初確認

市中感染懸念、欧州でも

© 一般社団法人共同通信社

1日、新型コロナウイルス検査のため、ソウル市内の検査所を訪れた市民ら(共同)

 【ソウル、ブリュッセル共同】韓国政府は1日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者が国内で初めて確認されたと発表した。ナイジェリアから帰国した夫婦ら4人に加え、韓国内で夫婦と接触した知人の計5人が感染。市中感染拡大への懸念が出ている。欧州でも英国やドイツで渡航歴のない感染例が見つかった。

 オミクロン株の感染が確認された国・地域は1日までに少なくとも25に上った。サウジアラビアで1日に1人の感染が報じられ、ブラジルは11月30日、南アフリカから訪問中の夫婦が感染したと発表した。中南米では初。スイスやノルウェー、アイルランドでも確認された。

マスクを着ける人々=11月30日、パリ(AP=共同)