色づくメタセコイア、山々に彩り 中国湖南省

© 新華社

色づくメタセコイア、山々に彩り 中国湖南省

 【新華社懐化12月1日】初冬を迎えた中国湖南省懐化市の瀘陽(ろよう)国有営林場では、どこまでも続く山々が鮮やかに色づき始めた。場内の楊村工区にある古坡営林場では、国家1級保護植物メタセコイアが赤褐色に染まり、周囲の竹林に映えている。

 メタセコイアは中生代の白亜紀から存在し「生きた化石」と呼ばれる。古坡営林場には現在、面積100ムー(約6.67ヘクタール)のメタセコイア園がある。(記者/丁春雨)