11月のPMIは50.1%、製造業は再び景気拡大傾向に―中国

© 株式会社 Record China

中国国家統計局は11月30日に公式サイトを通じて、2021年11月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)の運営状況を発表した。そのデータによると、11月のPMIは前月比0.9ポイント(p)上昇の50.1%となり、景気・不景気の分岐点を超えて、再び景気の拡大傾向を示したという。中国新聞網が伝えた。

企業の規模別にPMIを見ると、大規模企業は前月比0.1pとやや低下の50.2%で、前月に続いて分岐点を超えた。中規模企業は同2.6p上昇の51.2%で分岐点を超えた。小規模企業は同1.0p上昇の48.5%で分岐点を超えなかった。

PMIを構成する5つの分類指数を見ると、生産指数は分岐点を超え、新規受注指数、原材料在庫指数、従業員指数、サプライヤー配送時間指数はいずれも分岐点を下回った。

生産指数は同3.6p上昇の52.0%で、ここから製造業の動きが加速していることがわかる。

新規受注指数は同0.6p上昇の49.4%で、製造業の市場ニーズがやや改善されたことがわかる。

原材料在庫指数は同0.7p上昇の47.7%で、製造業の主要原材料の在庫減少幅が縮小したことがわかる。

従業員指数は同0.1p上昇の48.9%で、製造業企業の雇用情勢がやや改善したことがわかる。

サプライヤー配送時間指数は同1.5p上昇の48.2%だったが、分岐点は下回り、製造業の原材料サプライヤーの製品引き渡しにかかる時間が長くなっていることがわかる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)