神奈川県内荒天で4人負傷 藤沢で突風か、住宅27棟被害

© 株式会社神奈川新聞社

飛ばされてきた樹木でケーブルが断線した現場(横浜市交通局提供)

 低気圧と前線の通過に伴う荒天で、神奈川県内では1日、藤沢、川崎市内で男女4人が負傷した。藤沢市北部で局地的な突風が発生したとみられ、住宅27棟の屋根瓦が落下するなどの被害が出ている。

 藤沢市によると、突風の被害が確認されたのは、同市西俣野と亀井野。瓦の落下や飛散物による窓の破損が確認されたほか、ビニールハウスや車にも被害が相次いだ。30代男性が割れた窓で頭を切るなど2人が軽傷を負った。

 市は「未明に大きな音を聞いた住民が多い。被害はさらに増える可能性もある」としている。横浜地方気象台は「藤沢市付近を活発な積乱雲が通過した」と分析し、現地調査を行って詳しい状況を調べている。