【韓国】LGU+、スマート養鶏場の実証開始へ[IT]

© 株式会社NNA

LGU+と国立畜産科学院の家畜研究所、全北大学が実証実験を行うスマート養鶏場=韓国(LGU+提供)

韓国移動通信大手のLGユープラス(LGU+)は11月28日、国立畜産科学院の家畜研究所、全北大学と共同で、家畜の精密モニタリングや管理技術に関する実証実験を行うと明らかにした。人工知能(AI)を活用し、遠隔管理ができる「スマート養鶏場」を構築する。

まず、養鶏場に各種センサーと監視カメラ(CCTV)を設置し、温度と湿度の状態、飼育環境において重要なアンモニアや二酸化炭素(CO2)の濃度をリアルタイムでモニタリングする。そのデータをAIが解析・判断して◇飼料や水の供給◇冷暖房装置や換気扇の作動◇養鶏場内の状況を映像で遠隔管理——といった作業を自動的に制御できるようにするという。

LGU+の関係者は「畜産業にAIを活用して生産性を向上させることで、農家の高齢化や人手不足の問題などを解消していきたい」とした。