女子テニス、中国開催を見合わせ

彭さん問題、IOCと対照際立つ

© 一般社団法人共同通信社

11月、北京で行われたテニスイベントに参加した彭帥さん(左手前)(「チャイナ・オープン」の「微博(ウェイボ)」から、共同)

 【ジュネーブ共同】テニスの女子ツアーを統括する女子テニス協会は1日、中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した同国選手、彭帥さんの安否が懸念される問題で、香港を含む中国での全ての大会の開催を見合わせると発表した。スティーブ・サイモン最高経営責任者は「中国の指導部は非常に深刻な問題に、信頼できる方法で対処していない」と非難した。

 サイモン氏は「彼女の自由と安全、検閲や強制、脅迫を受けていないかどうかに重大な疑念を抱いている」と指摘。11月に彭さんとテレビ電話で話し無事を確認したと発表したIOCのトーマス・バッハ会長との対照的な立場を際立たせた。