赤字最大3億5100万円 宮崎カーフェリー9月中間

© 株式会社宮崎日日新聞社

 県は1日、宮崎カーフェリー(宮崎市)の2021年9月中間決算の経常収支は約3億5100万円の赤字だったと明らかにした。赤字額は新会社移行後の18年以降最大。新型コロナ禍による旅客やトラック輸送の減少、原油価格高騰による燃料費の負担増が要因。県は宮崎港の港湾施設使用料の減免などの支援策を検討している。