北京冬季五輪をサポートする救命救急センターの5G救急車―中国

© 株式会社 Record China

中国国家工業・情報化部と国家衛生健康委員会「5G+医療」健康応用試行プロジェクトおいび北京冬季五輪5G緊急救助保障、首都衛生発展科研プロジェクトはこのほど、北京救命救急センターにおいて始動式を開き、会場では5G救急車が展示された。

5G救急車には、人工呼吸器や吸引器といった救急救命・モニタリング装置が搭載されており、患者のデータは5G信号によってリアルタイムで病院に転送される。このほかにも5G救急車には4K動画モニタリングシステムも搭載されているため、鮮明な映像の転送を可能にし、救急車と指揮部との間での動画による通信を実現している。

5G救急車は、北京冬季五輪と首都に住む市民に、一体化された総合的なプレホスピタル・ケア(病院前看護)サービスを提供し、患者の情報をリアルタイムで共有することで、「救急車自体が入院施設」となり、「移動するICU(集中治療)」を実現している。(提供/人民網日本語版・編集/KM)