【大学入学共通テスト2022】あと45日で押さえたい科目別学習アドバイス…Kei-Net

© 株式会社イード

Kei-Net 共通テスト対策

河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は、共通テスト対策について、「科目別学習アドバイス-あと45日で押さえるポイント」を掲載した。共通テストまでの残りの期間でどのような学習を行えばよいのか、科目別に河合塾講師からの学習アドバイスを紹介している。

「科目別学習アドバイス」では、「英語(リーディング/リスニング)」「数学(I・A/II・B)」「国語」「理科(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎/物理/化学/生物/地学)」「地理歴史・公民(世界史B/日本史B/地理B/現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済)」について、直前期で学習しておくべきポイントや、第3回全統共通テスト模試の結果から見直しておきたい問題について河合塾講師が解説。また、2021年度共通テストの問題構成と設問別の分析を掲載している。

たとえば「数学I・A」では、共通テストで少なくとも1題は長文問題が出題されることから、限られた時間内で必要な情報を素早く見つけて立式化できるよう演習で慣れておくことが必要とアドバイス。また、これから勉強しても著しく伸びる分野として「データの分析」をあげ、分野頻出の用語や用語の意味、公式と公式の証明を確実に身に付け、特に公式の証明は手を抜かずに取り組むべきと勧めている。

Kei-Netではこの他、「受験校決定のポイント」や、共通テスト当日の朝までに確認することをまとめた「2022年度共通テスト受験ガイド」等を公開。まもなく本番を迎える2022年度入試で全力を出し切れるよう、さまざまな情報を提供しながらサポートしている。

畑山望