「衝撃で一瞬フリーズ」「ゾワッと鳥肌が」 ドラマ「恋です!」まさかのラストに騒然

© 株式会社ジェイ・キャスト

2021年12月1日に放送されたドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)第8話。俳優の細田佳央太さん演じる全盲の生徒・青野陽太をめぐる衝撃のラストシーンに、視聴者から大きな注目が集まっている。

白杖につけたお揃いのストラップ

ドラマの原作は、作家・うおやまさんによるWEB連載の人気漫画「ヤンキー君と白杖ガール」。勝ち気な盲学校生・ユキコ(杉咲花さん)と、喧嘩っ早いがピュアな心を持つヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)が出会い、不器用ながらも惹かれ合うラブコメディだ。

※以下、ネタバレを含みます。

細田さん演じる青野は、生まれたときから全盲の盲学校生。思春期ならではなのか「性」にも人一倍関心があり、時折発する下ネタ発言でクラスメイトのユキコや空(田辺桃子さん)を笑わせている。

第8話では、いつもたまり場にしている喫茶店がクリスマスマーケットに出店することになり、ユキコと森生、空や青野も店の手伝いをすることになった。当日、青野はフリーマーケットで、空とお揃いにしようとクリスマスツリーが描かれたストラップを購入し、「ちょっと早いけど、クリスマスプレゼント」と渡す。

青野とお揃いだと知った空は、「え?」と驚くが、青野から「いいでしょ」と言われると、「一応もらっておく、つけるかどうかわからないけど」と満更でもない様子。そんな仲睦まじい2人を見て、周囲も笑顔があふれる。

「駅のホームで白杖の人が転落した」

後日、ユキコが空と話していると、慌てた様子の森生から着信が。「駅のホームで白杖の人が転落した」との情報を聞き、ユキコの安否を確認してきたのだ。

2人が安心したのも束の間、ユキコは青野が体験学習に向かうため、電車で移動しようとしていたことを知り激しく動揺。次のシーンでは、慌ただしい様子の駅員の声とともに、ホームに転がった白杖が映された。

杖の先には、空とお揃いのクリスマスツリーのストラップがついていた。

青野が空との関係を順調に深めたほんわか回かと思いきや、緊張が走る衝撃のラストシーンに、視聴者からは

「なにはともあれユキコと森生の絆がどんどん深まっていって良き... と思ったらぁぁぁぁぁ!! 青野くん! 無事でいてくれぇぇぇぇ青野くん... 青野くんが!!! (衝撃で一瞬フリーズしてた...)」

「青野くん無事で居てくれ... 空ちゃんとお揃いのキーホルダーがこんな場面で効いてくるとは...」

「青野くん!? せっかく(空に)ストラップ付けてもらえたのに... エロいけどピュアで良いやつだから無事でいて欲しい!」

「えっもうストラップが...青野くんじゃん...」

「青野くんの安否を心配するユキコの表情の作り方にゾワッと鳥肌がたってしまった...」

などと反響があがっている。