100都市の新築住宅価格が今年初めて前月比低下に―中国

© 株式会社 Record China

1日に北京で行われた中指市場情勢研究成果共有会の情報によると、2021年1-11月には、中国の重点100都市の新築住宅価格が累計2.46%上昇し、上昇幅が前年同期より0.73ポイント(p)縮小して、過去約5年間の同期で最低の水準になった。中国新聞社が伝えた。

11月単月で見ると、100都市新築住宅価格は1平方メートルあたり1万6183元(約28万7400円)となり、前月比が0.04%低下と今年初めて低下した。

地域別に見ると、1-11月には珠江デルタ都市圏新築住宅価格が累計3.58%上昇して、主要都市圏の中で首位に立った。累計上昇幅のランキング上位20都市のうち、珠江デルタの都市が5つを占め、仏山、東莞、広州などの上昇幅が大きかった。

都市別に見ると、1-11月には西安の新築住宅価格が累計9.04%上昇し、上昇幅は100都市のトップだった。以下、徐州(8.74%)、金華(6.06%)、常州(5.98%)、成都(5.72%)が続いた。上半期に上昇幅が大きかった仏山、東莞、広州、中山など珠江デルタの都市は、価格調整政策の引き締めなどの影響によって累計上昇幅の順位が6-9位に下がった。

不動産価格の冷え込みが続くと同時に、重点都市の住宅取引量もさらに減少した。専門家によると、1-11月には、50都市の分譲住宅月平均取引量は約3315万平方メートルで、比較の対象となる前年同期の基数が低かったため、前年同期比8.0%増となった。しかし7-11月の取引量は同20%以上減少している。11月の50都市分譲住宅取引量は約2515万平方メートルで前年同期比で減少幅が30%を超え、絶対量が過去5年間の同期で最低レベルになった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)